ブログ

新型コロナウイルス感染症予防について区長へ申し入れ

テレビなどでも連日、話題になっているコロナウイルス感染。中国武漢市での閑散とした街の様子や感染者数・死亡数なども報道され、WHOも世界的な危険数について「高リスク」と判定、日本政府は今月28日、「指定感染症」と検疫法の「検疫感染症」に指定する政令を閣議決定しました。

29日、30日と武漢より帰国のチャーター便も到着し、400名を超える方々が診察やウイルス感染の有無のチェック、一時待機や治療などの健康管理と感染予防が実施されているところです。

国内、都内でも感染者が報告され、厚生労働省が人から人への感染があるとの認識を示しているだけに、北区においても、区民に正しい情報を広報し、感染症予防に万全を期して頂くよう、党区議団として、相談窓口・専門ダイヤルの設置、医師会などと連携した医療対応、区民の感染症予防についての広報の徹底、旅行者向けへの対応など、北区長に申し入れを行いました。

区長からは「本日、健康づくり推進協議会でも話題となっている。区民の健康を守るためにしっかりと取り組みたい」同席した危機管理室長からも「昨日も庁内会議を開いた。区民への情報提供、危機管理対応も含め、検討・対応していきます」と返答がありました。